投稿

遥か リハビリロードを行く ReCODE10カ月

イメージ
”The End of Arzheimer's”「アルツハイマー病の真実と終焉」の ReCODEプロトコルをもとにした取り組み10カ月となりました

アルツハイマー病は進行する でも 進行を止めることができれば あるいは 進行スピードを上回る回復ができれば
曲折ありますが前進続いています リハビリNOW
Ⅲ型アルツハイマー病で失われた計算能力は・・・

発音 識字障害 語彙失認識リハビリの音読 半年前にスタート
2冊目に突入 もう 意味がわからず戸惑うことはない
動作失行 バランス感覚喪失対策 半年前の新聞パンチ
全身のバランス感覚も進化


オーボエの演奏 使える指だけで演奏できるオリジナル曲
新しい曲に次々とチャレンジ


あのままReCODEプロトコルに出会うことなく時間がたっていたら、今頃は・・・

アルツハイマー病、早期発見 早期取り組み ぜったい大切ですよ 失くしたはずの指使いを取り戻し またバッハが吹ける日が来ると信じてリハビリNOW
早く始めていればもっとキレイに回復しただろうに・・・言うまいと思ってもぬぐえない思い ReCODEプロトコル解説 第1章から第8章までのリンク一覧はこちら↓ The End of Arzheimer's 読もうね。治そうねアルツハイマー病 
とうとう出ました!
邦訳版「アルツハイマー病の真実と終焉」 お取り寄せはこちらへどうぞ
下記リンク 興味をもっていただけましたら ぜひともご参加くださいみんなで若年性アルツハイマーな生活を理解しようの会
練習風景 リハビリの様子 その他音楽活動アップしていますYOROZU×YOROZU
生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします
YOROZU×YOROZU激喋り「YYJournal~長田の視点」「夫が若年性認知症!どうしよう(難病克服とは)」

「アルツハイマー病の真実と終焉」を心待ちに / 念ずれば通ず

イメージ
”The End of Arzheimer's”の邦訳「アルツハイマー病の真実と終焉」
いよいよ発売になります ReCODEプロトコルver.ヨロズで若年性アルツハイマー病に挑む私たちのBIBLE
いったん着替えにも不自由するほどに進行してからの
10か月目のプロトコルは MMSE 5ポイントの急上昇を経て
行きつ戻りつ でも 長いスパンで見ると上昇傾向です

Dr.BREDESENの著書”The End of Arzheimer's”を読む 第4部「成功を最大に!」第12章「変わることは抵抗を生む:マキャベリとファインマンの邂逅」 何ともしゃれた副題ですね。ルネッサンスの天才マキャベリと量子力学を予言したファインマン。どちらもいきた時代にはあまりにも進み過ぎた考え方だった。 なぜ すでにReCODEプロトコルによる回復者が続々と出ているのに いまだに広く受け入れられることがないのか?
病気にアプローチするのに 出てしまった症状を取り除くことに集中してきた20世紀
21世紀の医療は 症状を作り出す可能性 病気を引き起こすかもしれない要因に個別にアプローチするべきだとDr.BREDESENは述べている。 アルツハイマー病だから代謝異常になるのか?代謝異常だからアルツハイマー病になるのか? ニワトリが先か卵が先か、改善するのならどちらでもいいではないか、と私は思う。 今のところ アルツハイマー病治療→→代謝改善 は実現していない しかし 代謝機能改善のために全力を尽くす→→→アルツハイマー病改善  10カ月間の行動で鮮やかに実感してしまった今、この方法はアルツハイマー病に限らず有効なはずだと言いたい。
もしもプロトコルを実施して改善が見られないとしたら見直すべき チェック項目があげられている
1.少なくとも3~6カ月続けなければ変化は見られない
2.アルツハイマー病との診断は正しいか?脳梗塞やアルコール性の認知障害には効果がない
3.6か月以上きちんと実行して かつ 検査結果も改善しているにも関わらず 認知機能が回復しないのはどこかがうまくいっていないのだろう。見直しが必要。食事、睡眠、すべて見直そう。とはいえ中期以降に進行していた場合はなかなか改善が見られない
4.プログラムにきちんと従っていなければ改善しない。またはⅢ型は難しい。Ⅲ型に特化した対応をするべき
5…

アルツハイマー病、急いでケアしましょう / 肺炎にでもなったらもっと慌てるでしょう?

イメージ
”The End of Arzheimer's”の邦訳「アルツハイマー病の真実と終焉」
いよいよ発売になります ReCODEプロトコルver.ヨロズで若年性アルツハイマー病に挑む私たちのBIBLE
いったん着替えにも不自由するほどに進行してからの
10か月目のプロトコルは MMSE 5ポイントの急上昇を経て
行きつ戻りつ でも 長いスパンで見ると上昇傾向です

Dr.BREDESENの著書”The End of Arzheimer's”を読む 第4部「成功を最大に!」第11章「困ったときはこうしよう」(後半)
不治の病に立ち向かうのにそんなこと言ってる場合じゃないでしょう? でも 言いたくなる、その気持ちわかるわあ 当たり前すぎるReCODEプロトコル、当たり前だからこそムズカシイ
・アルコールは?仕事終わりにワインが欲しい→週に何度かワインを一杯、すばらしいですね。気をつけるべき点は アルコール飲料に含まれる糖分がインシュリンに影響を与えるということですから、そこに気をつけて

・喫煙は?タバコがだめでも電子タバコだったらどうだろう?→まだ充分なデータがありませんが それゆえ「よい」と思わぬ方が賢明
・肉の代わりに豆腐や大豆にしようと思うのですが→1日のたんぱく質摂取量を体重1㎏あたり1gにしましょう。豆腐だけでなく 肉や魚や卵で摂る分も計算に入れておいてください
・朝のコーヒーはよいのですね、カフェインに対しては?→飲み過ぎると睡眠に影響が出るので各自の適量を
・お茶は?→ハーブティー、グリーンティー、種々のお茶とてもいいですよ
・Ketflex12/3の食生活で B12や鉄分が不足したりしませんか?→まず不足かどうかを検査でたしかめて、食品から摂れるように食材提案をしています
・高温で調理したい→気化温度の高い油 気化しない油を使うのがよいでしょう。アボカドオイル、ココナツオイル、バター、ギー、動物オイルなど
・アルミニウム鍋は避けるべき?→避けるべき根拠はありまっせん
・すべて有機作物にするべき?→できるだけ有機作物優先がいいです
・食べるなと言われても、お腹がすくのだから 身体の欲求を聞くなってこと?→身体の声には生命維持のために必要なものとジャンキーなものが混在しているので 真に受けるのは危険
・忙しすぎて…→慢性病は急激に症状があらわれるものでは…

おっと そこか!!!言ってる場合じゃないけど 実はけっこう切実。でもね回復を目指すなら工夫しましょう

イメージ
”The End of Arzheimer's”の邦訳「アルツハイマー病の真実と終焉」
いよいよ発売になります ReCODEプロトコルver.ヨロズで若年性アルツハイマー病に挑む私たちのBIBLE
いったん着替えにも不自由するほどに進行してからの
10か月目のプロトコルは MMSE 5ポイントの急上昇を経て
行きつ戻りつ でも 長いスパンで見ると上昇傾向です

Dr.BREDESENの著書”The End of Arzheimer's”を読む 第4部「成功を最大に!」第11章「困ったときはこうしよう」(前半)
いやはや、笑うところではないと思う、けれどついつい苦笑してしまう「あるある」 プロトコルの説明を受けて 開口一番「ピザをあきらめろっていうの!?」 Dr.BREDESENのツッコミと回答がステキな章です
・アイスクリームはやめられない→ココナツミルクアイスにしましょう
・チョコのない人生なんて!!→カカオ70%以上の できればナッツ入り
・糖分渇望!!→MCTオイルに置き換えてください大丈夫。甘味はステビアにしましょう
・オイルはちょっと・・・ほかにはないの?→糖分をひかえることでコレステロールのバランスが取れてきます
・水はいっぱい飲む?→1日2L くらい できれば浄水で。ハーブティーもいいですね
・運動する時間がない→トレーナーについて運動するのがベストだけれど すべては工夫次第。通勤や階段の昇り降り ゲームを使うなど自分仕様にしてしまおう
・ストレスが減らない→落ち着いて、お大事に・・・
・ややこしすぎて何のことだかわからない→身体にいいことをするんです。やってみればわかるわかりますよ
・これで効くよってお薬はないの?それを出してよ→それは無理です。アルツハイマー病は屋根に36の穴が開いて雨漏りしてるようなもの。ひとつの穴によく効く薬であってもそれだけではどうしようもないです。組み合わせて考えましょう。
・結局ジャンクフード以上の物ってないじゃん?→確かにジャンクフードは手っ取り早く快楽を刺激しますけどね、食生活を変えていけば さらに魅力的な食べ物に出会える!出会わないのはもったいないっ!!
・深夜まで夕食を食べられません→夕方に軽食を摂って 遅めに昼食を。12~16時間の断食のためには それが一番簡単
・錠剤を呑むのはイヤ!→食品で摂れるものは…

ずっと書きたくなくて逃げ続けてたセクション 冷静に書けるだろうか

イメージ
”The End of Arzheimer's”の邦訳「アルツハイマー病の真実と終焉」
いよいよ発売になります

ReCODEプロトコルver.ヨロズで若年性アルツハイマー病に挑む私たちのBIBLE
いったん着替えにも不自由するほどに進行してからの
10か月目のプロトコルは MMSE 5ポイントの急上昇を経て
行きつ戻りつ でも 長いスパンで見ると上昇傾向です


Dr.BREDESENの著書”The End of Arzheimer's”よりひとこと 第4部「成功を最大に!」第10章「うまくやろうじゃないか、きっとできるさ」 一気に全部取り組まなくてもいい。段階的に行こう 何もかも一度にやろうとすると挫折しやすい。たとえば睡眠や運動から取り組んで食事はちょっと後回しにしたっていい。ホルモンバランスから取り組むのもありだし、もちろん食事からスタートでもいい。3~6か月のうちにできるだけたくさんの項目に取り組もう。
3~6カ月!正直、そんなにのんびりしている暇はなかった。やれることは全部、とにかくプロトコルに突進、そして今も項目は増え続けている。その理由は・・・
以下のような場合は効果がうまく現れる ・アルツハイマー病のリスクはあるが まだ症状が出ていない ・主観的な認知機能低下をかんじている(SCIで成果がでなかったひとはいない) ・初期のおだやかな認知機能低下(MCIで検査結果のどこに問題があるかわかっているとしっかり改善する) ・初期アルツハイマー病
つまり 早い時期に対応すればするほどに回復がよい。だが、かなり進行していた高齢者も回復をみせているという報告、さらにもっと回復しそうな兆しが見えるとのメールをもらったこともある。
・Ⅲ型でない認知機能低下(SCI、MCI、初期アルツハイマー病)
Ⅲ型は厄介であるが、SCIならまあまあ回復する。しかしアルツハイマー病だと診断されるほどになると毒素の特定や除去 ダメージ箇所の修復と 大変複雑で なかなか成果が上がらない。水銀毒の場合は例外的に素早く回復するのだが。

・認知機能は低下しているが 身体的には健康な人
・MRI上で萎縮がないか 海馬が萎縮をまぬかれている

皮質が広くダメージを受けて 普通なら後期になって出てくる症状、概念の喪失、整理ができない、言葉がなくなるなど、そして感情的になったり子供っぽくなったり Ⅲ型によくあるパター…

プログラムを続けて!"Stick with the program."

イメージ
こんにちは&はじめましてMUSICAYOROZUです ReCODEプロトコルver.ヨロズで若年性アルツハイマー病に挑みます
いったん着替えにも不自由するほどに進行してからの
MMSE 5ポイントの急上昇を経てまだまだ続く10か月目の挑戦
行きつ戻りつ でも 長いスパンで見ると上昇傾向です
朝のサプリメント
Dr.BREDESENの著書”The End of Arzheimer's”よりひとこと 第4部「成功を最大に!」第10章「うまくやろうじゃないか、きっとできるさ」 プログラムを続けて!
メカニズムは不明なのだが、いったんプログラムで回復していても中止すると再び悪化する。しかもその悪化スピードがはやいのだ。ReCODEの効果は認知機能だけではなく 代謝やグルコース濃度や解毒など多岐にわたる。月単位、年単位に見直しながら続けてほしい
のど元過ぎても熱さを忘れないように。私たちはまだまだ大奮闘の最中ですが。
YOROZU×YOROZU 知らなかった日々 10 ReCODEプロトコルに出会う前の何もできずただ進行していくだけのⅢ型アルツハイマー病 診断確定直後に始めた過去ブログから発掘します 1年と少し前のこと 一番苦しかったころへと突入していきます
おわった だいじょうぶだった よかった ほっ2016年11月29日 なんてことない ふつうの日2016年12月17日 ネーミングかえてみたらどうだろう?2016年12月19日 アルツハイマー病、早期発見 早期取り組み ぜったい大切ですよ 早く始めていればもっとキレイに回復しただろうに・・・言うまいと思ってもぬぐえない思い ReCODEプロトコル解説 第1章から第8章までのリンク一覧はこちら↓ The End of Arzheimer's 読もうね。治そうねアルツハイマー病 
とうとう出ます!
邦訳版「アルツハイマー病の真実と終焉」 お取り寄せはこちらへどうぞ
下記リンク 興味をもっていただけましたら ぜひともご参加くださいみんなで若年性アルツハイマーな生活を理解しようの会
練習風景 リハビリの様子 その他音楽活動アップしていますYOROZU×YOROZU
生活視点 生身で体当たりのブログはこちらです~そのまんまでいいよ&ゆっくりしいや~こちらもよろしくお願いします
YOROZU×YOROZU激喋り「YYJournal~長田の視…

あわてない、身体はゆっくりと変化していくのだから

イメージ
こんにちは&はじめましてMUSICAYOROZUです ReCODEプロトコルver.ヨロズで若年性アルツハイマー病に挑みます
いったん着替えにも不自由するほどに進行してからの
MMSE 5ポイントの急上昇を経てまだまだ続く9か月目の挑戦
わからないこといっぱい 不安だらけ でも 進むしかない


Dr.BREDESENの著書”The End of Arzheimer's”よりひとこと 第4部「成功を最大に!」第10章「うまくやろうじゃないか、きっとできるさ」 薬をいきなり中止しないように!
生体のシステムは都合よくON/OFFできるようになっていない。ホルモン治療薬やアリセプトを中止するときはは急にやめず少しずつ減らしていく。アリセプトについていうと いきなりやめると認知機能低下をおこす。

プログラムを実行するほどに 微妙なバランスを保って身体が正常に機能している奇跡におどろきます。治療薬は増やすにしても減らすにしても 何に作用して 全体としてのバランスにどう影響するのかを見ていくべきですね。
YOROZU×YOROZU 知らなかった日々 9 ReCODEプロトコルに出会う前の何もできずただ進行していくだけのⅢ型アルツハイマー病 2年と少し前の診断確定直後に始めた過去ブログから発掘します
懐かしいというのだろうか ひたすら時間を大切に生活していたあの頃 書いとく2016年11月01日
MUSICAYOROZUとしての音楽活動を休止することにした 再開できる可能性は限りなく低いのを承知で・・・だってこんな生活ではどうしようもない。そして今もまだ、再開のめどはたっていない。 次は・・・未定2016年11月14日 おかたづけしながら2016年11月17日
できたよ2016年11月22日
アルツハイマー病と一緒に何ができる?やっぱり模索してチャレンジする。無駄も多くて、ガッカリと残念の連続だったけど、このチャレンジがなければReCODEプロトコルに出会わなかった。これから長い冬に突入する。
ヨロズの本棚から 5 主人のコレクション 本棚をながめていると「脳」や「認識」に関係する本や「言語」に関する本がかなり多い。 不安や自覚があったのかもしれない。赤鉛筆で書き込みがしてあったりする、15~20年ぐらい前に たぶん一緒に読んでるはずの 今読んでも興味深い ちょっと古い本たち。

何故 「群論」?…