投稿

晩ごはん たべたら Ketoflex 12/3

イメージ
若年性アルツハイマー病が治るかもしれない 真っ暗なトンネルの中でみつけた光 MENDプログラムあらためReCODEプロトコル 可能なことをひとつ またひとつ 実行するたびに不思議なことがいっぱいおこる そんな6ヶ月目です
主人のお散歩ショットより

MENDプログラム改訂ReCODEプロトコル Dr.BREDESENの著書を読み進めています
英語力自信がないので決して鵜呑みにしないでください 必要な方はどうぞ直接お読みになってくださいね 読み違いにお気づきになったら教えてください、おねがいします

第8章 その3 インシュリン抵抗性 空腹時のインシュリンが4.5以上 ヘモグロビンA1cが5.5%以上 空腹時のグルコースが93mg/dl 以上 そのいずれかに当てはまれば インシュリン抵抗性の可能性がある アルツハイマー病を引き起こし 進行させる恐れがある
インシュリン抵抗性に対する手立ては色々存在するので大丈夫 はじめていこう DESS(diet, exercise, sleep, stress reduction) 普通のサプリメントを使って 最終少しは医薬品にもたより 食・運動・睡眠の習慣とストレスを減らすこと それが大事! ReCODEのためのプログラムでもっとも強力な「食」から
一時主人は体重80㎏越え
糖尿病関係の数値も黄色どころか赤色点滅信号でした
真剣食事療法 さてどれぐらいOKになったでしょう? 現代人は糖質を燃焼するべき時 脂質を燃焼するべき時の区別が あいまいになってしまっているらしいです 覚醒しているような 休息しているような半端な感じ インシュリンに対する敏感さをそこなってしまいがち 代謝やホルモンなどのバランスも取り戻す さて 具体的な食生活への提案はじまりはじまり~
アルツハイマー病に対抗する食生活 その1 たくさんあるぞ~ Ketoflex 12/3 さてさて何なんだい?このケトフレックスって?
初めから前途多難ですが

あれこれ調べた結果、たぶん
夕食から就寝までの3時間と次の食事(昼食?)までの12時間
何も食べないことでケトン体質になりましょう
という標語のようなものと理解しました

食生活への提案
誰しもまずいものを食べたくはないでしょうから
たくさんあるメニューの中から生活に合うものを見つけてください
Ketoflex 12/3 その1:ケトン
糖質制限下での運動でつくられる
 シナプスを…

なんてこった!いったんリセットしてよみがえる 脳機能の不思議

イメージ
若年性アルツハイマー病が治るかもしれない 真っ暗なトンネルの中でみつけた光 MENDプログラムあらためReCODEプロトコル 可能なことをひとつ またひとつ 実行するたびに不思議なことがいっぱいおこる そんな6ヶ月目です

通奏低音 鍵盤で脳トレ不思議体験 シナプスの再生をめざして思いつく限りの脳トレは 不思議体験の連続です
機能回復のために1段ずつ小さなステップで昇るように取り組みます はじめは苦労しながらですが続けていれば順調に進歩 なのに、ある程度進んだ時 突然大混乱がおとずれてなにもできなくなる これまでの経験を全部消去 リセットしたように本当になにも・・・ そしてそのあとで より力強く復活してくる
具合の悪い神経線維が伝達を止めてしまってるときは 信号が通らない 死滅してブランクができてから新たにつながるんだそうです
通奏低音スタートから1か月のレポートです
ルールが理解できない 指がさまようなど 2小節の課題ができるまでに4日かかりました

2小節課題ステップアップしながら取り組んでいます

毎日続けていくことで少しずつ進歩するかとおもっていたら
必見! ある日突然どうしようもなく弾けなくなった不思議な現象のレポート
そして大混乱からの復活

はじめ2小節だった課題は7小節まで拡大されました

認知力低下を回復させる"Reversing Cognitive Decline"

イメージ
若年性アルツハイマー病が治るかもしれない 真っ暗なトンネルの中でみつけた光 MENDプログラムあらためReCODEプロトコル 可能なことをひとつ またひとつ 実行するたびに不思議なことがいっぱいおこる そんな6ヶ月目です

主人のお散歩ショットより
MENDプログラム改訂ReCODEプロトコル Dr.BREDESENの著書を読み進めています
英語力自信がないので決して鵜呑みにしないでください 必要な方はどうぞ直接お読みになってくださいね 読み違いにお気づきになったら教えてください、おねがいします
第8章 その1 Reversing Cognitive Decline (認知力低下を回復させる)
なるほど 今さらですがそういう意味だったんですね
初めにいったんアルツハイマー病のによって事業を手ばなした男性が
ReCODEプロトコルによって過去の検査データから大きく改善
仕事を復活したエピソードが語られて本題に入ります
認知機能の低下があると血液検査の結果にも現れるが 健康なレベルに戻していくことができる そのために大切なポイントをあげておく
1.異常があった場合 目指すべきは「正常」ではなく「最適」 (シナプスの生成と死滅のバランスを取ためには「正常値」は最適ではない)

2.できるだけたくさんの「異常」を特定すること (ふさぐことができる「穴」がおおいほど回復の確率があがる)

3.処置の際しては いつも問題の根本を確定することをめざす (症状を取り除くだけでなく症状を起こす原因を取り除く)

4.検査値の異常のもとに個人仕様のReCODEプロトコルプログラムをつくる (完全に同じ人などいないのだから画一化はナンセンス)

5.癌や循環器の病気と同様 限界効果がある (段階に応じて 見直しが必要)

6.プログラムの反復
(常に見直し微調整をし続ける)

7.薬剤は「前菜」ではなく「デザート」だ
(薬剤は強力だがそれだけでは対応できない。早期に始めれば必要ないこともある)

8.スタートが早ければ早いほど完全な回復が期待できる
(あるべきシニアライフを阻害されジリジリと死に至ることは避けたい)

9.ひとつひとつの要素に支えとなるものが用意されている!勇気をもって
(健康管理をまかせられるコーチがいればさらに安心だろう)

基本コンセプトは理解してもらえただろうから
認知力低下を防ぎ回復する方法を詳細に見ていこう よく覚えておいてほしいのだが血液検…

すべての人に必要!あなたなら どうする?"Where Do You Stand ?"

イメージ
若年性アルツハイマー病が治るかもしれない 真っ暗なトンネルの中でみつけた光 MENDプログラムあらためReCODEプロトコル 可能なことをひとつ またひとつ 実行するたびに不思議なことがいっぱいおこる そんな6ヶ月目です


MENDプログラム改訂ReCODEプロトコル Dr.BREDESENの著書を読み進めています
英語力自信がないので決して鵜呑みにしないでください 必要な方はどうぞ直接お読みになってくださいね 読み違いにお気づきになったら教えてください、おねがいします
第2部「アルツハイマー病を解体分析する」をふりかえってみます アミロイドβの無限増殖がおこる仕組みについて
創造的DUOと破壊的QUARTET  アルツハイマー病の3つのタイプについて
アルツハイマー病は単にアルツハイマー病なのではなくて
その特徴からhot:炎症 cold:萎縮 vile:毒性の3つのタイプがある
それぞれにちがうアプローチが必要 「炎症型」のアルツハイマー病は速やかに・・・"Inflammatory Arzheimer's responds most quickly..." まるで手榴弾!Ⅲ型アルツハイマー病(記憶の回復に伴うフラッシュバック)"...like grenades into a building" アルツハイマー病は原因に応じたタイプとなり出現する"The three types of Arzheimer's disease correspond to the three processes" 
ものすごく納得です
長い間ずっと苦しかった
「アルツハイマー病でも活き活きと生活できます、工夫しましょう」
「進行はとてもゆっくりです 新たな人生としての時間を取り戻しましょう」
どんなに努力をしてもそんなううにはならない、考えられない
なぜ 主人は全然違うんだろう
その疑問がきれいに解けた。 タイプが違っていたからで 当然だったんですね

第6章の最後にⅢ型アルツハイマー病の特徴
まとめた一覧表があります

そして第3部「個人向け治療を考えるにあたって」
そのひとつめ第7章は「コグノスコピー」について書かれています

「コグノスコピー」はどうやら造語のようです
自覚症状の有無にかかわらずコロノスコピー(大腸がん検診)を受けるように
「…

アルツハイマー病は原因に応じたタイプとなり出現する"The three types of Arzheimer's disease correspond to the three processes"

イメージ
若年性アルツハイマー病が治るかもしれない 真っ暗なトンネルの中でみつけた光 MENDプログラムあらためReCODEプロトコル 可能なことをひとつ またひとつ 実行するたびに不思議なことがいっぱいおこる そんな6ヶ月目です 主人のお散歩ショットより コンサートシリーズ完全復活へ
懐かしい日本の歌を中心に演奏してきたミニ・コンサートシリーズ
昨年12月を最後にもう無理かなと思っていました
指使いがどんどんなくなって演奏できる曲がなくなってしまったから
それなら・・・と作り始めたわかる指だけで演奏できるオリジナル曲
コラボのお誘いのおかげで何とかがんばれた7月
今回 また新しい曲と日本の歌で完全復活目指します

9月14日

9月18日

10月9日


MENDプログラム改訂ReCODEプロトコル Dr.BREDESENの著書を読み進めています
英語力自信がないので決して鵜呑みにしないでください 必要な方はどうぞ直接お読みになってくださいね 読み違いにお気づきになったら教えてください、おねがいします
第6章  アルツハイマー病の3つのタイプについて
アルツハイマー病は単にアルツハイマー病なのではなくて
その特徴から
hot:炎症 cold:萎縮 vile:毒性
の3つに分けられる
ReCODEプロトコルの初めのステップはこの見分けをすること
そうすることで個人に合ったプログラムを作ることができ
リスクを最小にすることができる
第6章 その1 タイプⅠ hot:炎症について このタイプのアルツハイマー病はReCODEプロトコルで
とてもすばやく反応が出る(改善する) 「炎症型」のアルツハイマー病は速やかに・・・"Inflammatory Arzheimer's responds most quickly..."
第6章 その2
タイプⅡ cold:萎縮について ApoE4を1つまたは2つ持つ人に一番多いタイプ 炎症型より10年ぐらい遅く発現する タイプ1.5 sweet: 糖毒性について 炎症もあり、シナプスサポートも枯渇しているⅠとⅡが混在するケース タイプ1.5 として個別化する タイプⅢ toxic:毒性 症状はもの忘れではなく数字や言語 構築性などで始まる 患者は直近の記憶だけでなく古い記憶も失う まるで手榴弾!Ⅲ型アルツハイマー病(記憶の回復に伴うフラッシュバック)"...like gren…

まるで手榴弾!Ⅲ型アルツハイマー病(記憶の回復に伴うフラッシュバック)"...like grenades into a building"

イメージ
若年性アルツハイマー病が治るかもしれない 真っ暗なトンネルの中でみつけた光 MENDプログラムあらためReCODEプロトコル 可能なことをひとつ またひとつ 実行するたびに不思議なことがいっぱいおこる 6ヶ月目です

リハビリルーム(リビングルーム)からの夕景

MENDプログラム改訂ReCODEプロトコル Dr.BREDESENの著書を読み進めています
英語力自信がないので決して鵜呑みにしないでください 必要な方はどうぞ直接お読みになってくださいね 読み違いにお気づきになったら教えてください、おねがいします
第6章  アルツハイマー病の3つのタイプについて
アルツハイマー病は単にアルツハイマー病なのではなくて
その特徴から
hot:炎症 cold:萎縮 vile:毒性
の3つに分けられる
ReCODEプロトコルの初めのステップはこの見分けをすること
そうすることで個人に合ったプログラムを作ることができ
リスクを最小にすることができる
第6章 その1 タイプⅠ hot:炎症について このタイプのアルツハイマー病はReCODEプロトコルで
とてもすばやく反応が出る(改善する) 「炎症型」のアルツハイマー病は速やかに・・・"Inflammatory Arzheimer's responds most quickly..."
第6章 その2
多分重要!今日もシッカリ読み進めます

タイプⅡ cold:萎縮について ApoE4を1つまたは2つ持つ人に一番多いタイプ 炎症型より10年ぐらい遅く発現する 炎症型と同様に 新しい記憶ができなくなるが書く 話すなどは保持 炎症は正常よりもむしろ低く シナプスサポートが枯渇している
所見的には
1.甲状腺 副腎ホルモンはじめ 各種ホルモンが不足気味
2.ビタミンDが阻害されていることが多い
3.インシュリン抵抗性があるか インシュリンレベルが低い
4.ホモシステイン値が高い傾向(タイプⅠでも上昇)

タイプⅡは炎症型に比べてプログラムの効果が出にくい

そして75歳の方の症状と改善の例が紹介されています
タイプ1.5 sweet: 糖毒性について 炎症もあり、シナプスサポートも枯渇しているⅠとⅡが混在するケース タイプ1.5 として個別化する
所見的には 1.炎症があり グルコースが慢性的に高い 2. インシュリンが脳のサポート物質として働かない (インシュリン抵抗性と高グルコースのせ…

「炎症型」のアルツハイマー病は速やかに・・・"Inflammatory Arzheimer's responds most quickly..."

イメージ
若年性アルツハイマー病が治るかもしれない 真っ暗なトンネルの中でみつけた光 MENDプログラムあらためReCODEプロトコル 可能なことをひとつ またひとつ 実行するたびに不思議なことがいっぱいおこる 6ヶ月目です

音楽の不思議
指がいうことをきかない
たどたどしくて何の曲だか定かではない
けれど
懐かしいサウンドはそのまま
主人の即興演奏がかえってきた!




MENDプログラム改訂ReCODEプロトコル Dr.BREDESENの著書を読み進めています
英語力自信がないので決して鵜呑みにしないでください 必要な方はどうぞ直接お読みになってくださいね 読み違いにお気づきになったら教えてください、おねがいします
第6章 その1 アルツハイマー病の3つのタイプについて

アルツハイマー病は単にアルツハイマー病なのではなくて
その特徴から
hot:炎症 cold:萎縮 vile:毒性
の3つに分けられる
ReCODEプロトコルの初めのステップはこの見分けをすること
そうすることで個人に合ったプログラムを作ることができ
リスクを最小にすることができる

タイプⅠ hot:炎症について
アルツハイマー病に関係する遺伝子としてApoE4がよく知られている
このタイプは1つ または2つ のApoE4を持つ人に多く 家族性でもある
この遺伝子は500~700万年の昔の祖先からうけつがれてきた

ApoRE4はアミロイドβの除去を阻害する働きをするのだが
核の中でDNAを束ねて「炎症」という方法で身体を防衛もしている

なぜそのような遺伝子が受け継がれてきたのか

ヒトの祖先が樹上生活からサバンナに降りたとき
足にケガをしたとき素早く気がつける方が有利だったのではないか
また 病原体を含む食べ物や生傷の絶えない生活など
「炎症」があるおかげで守られることが多かっただろう
ヒトの祖先がそのためにアルツハイマー病になりやすかったか?
当時の食物や生活では問題点はなかったのだ

ヒトが類人猿から分かれてから長らく1種類しかなかったApoE
ApoE4の突然変異で
約22万年前にApoE3が 約8万年前にApoE2が登場した

今や生活は変わった
現代人の大多数はApoE3が2つでアルツハイマー病のリスクは約9%
ApoE4をひとつもっているとリスクは約30%になる
そしてApoE4が2つだとリスクは50%にあがる
これは両方の親から遺伝子をうけついでいるということで
必ずではないが発病する…